Open Nav

北海道薬剤師国民健康保険組合とは

 薬業界の皆さま「北海道薬剤師国民健康保険組合」をご存じでしょうか。
この案内をお読みいただきまして、組合についてよりお知りになりたい点などございましたら、ご遠慮なく組合事務局までお問い合わせください。
 ご検討のうえ、ご加入いただけましたら幸いに存じます。

 フリーダイヤル 0120-893-198 でお待ちしております。

家族イメージ

組合の沿革

昭和33年9月30日 北海道薬剤師特別国民健康保険組合設立認可
組合事務所を札幌市北2条西2丁目7番地 北海道薬剤師協会内に置く
昭和33年10月1日 事業開始
組合員385名、その他の被保険者1,322名 計1,707名
昭和34年1月1日 新国保法公布による組合規約施行
昭和36年4月 国民皆保険制度達成
昭和38年4月1日 組合員の範囲を薬剤師 薬局開設者 薬種商販売業者 従業員と改め
北海道薬剤師会会員以外の加入を認める
昭和40年4月1日 保険料の賦課方法に所得方式を導入する 
人間ドックの検診に助成新設
昭和50年9月1日 北海道薬事会館の新築に伴い組合事務所を
現在の札幌市豊平区平岸1条8丁目 北海道薬事会館内に移す
昭和50年10月1日 高額療養費支給制度実施
昭和54年2月 組合設立20周年記念行事を催す
昭和58年2月 老人保健法施行
昭和58年4月1日 長寿祝金贈呈取扱要領として成文化
昭和58年10月3日 組合設立25周年記念式典祝賀会を催す 記念誌を発行
昭和59年2月6日 健康家庭表彰取扱要領として成文化
昭和60年4月 組合員一部負担金10分の1とし、「1割還付」とする
昭和61年3月 助産費施行
昭和61年4月 葬祭費施行
昭和62年1月 組合員一部負担10分の1とし「1割還付」を廃止する
昭和62年4月 高額療養費貸付規程を新設
平成2年2月6日 健康家庭表彰要領を規程として新設
平成5年8月 副理事長職を廃止
平成6年10月 健康保険法改正に伴い助産費を出産育児一時金と名称改正
平成7年4月 規約第4章保健施設を保健事業に名称改正
平成8年4月1日 長寿祝金贈呈取扱要領を規程として新設
平成9年4月 組合員一部負担金10分の1から10分の2に改正
平成10年7月25日 組合設立40周年記念誌を発行
平成12年4月1日 介護保険法施行により第2号被保険者より介護保険料徴収開始
平成13年4月1日 支部数19支部→18支部へ規程変更
平成17年4月1日 支部数18支部→17支部へ規程変更
平成18年4月 組合員一部負担金10分の2から10分の3に改正
平成19年4月1日 高額療養費現物給付化(限度額認定証の発行開始(入院のみ))
平成20年4月 後期高齢者医療制度実施 後期組合員新設 死亡見舞金実施 
特定健康診査・特定保健指導開始 高額医療・介護合算制度実施
平成20年9月30日 組合設立50周年
組合員1,473名 その他の被保険者874名 計2,347名
平成20年11月16日 設立50周年記念講演・記念祝賀会を催す
平成21年10月1日 出産育児一時金直接支払制度実施
平成23年4月1日 法令遵守(コンプライアンス)体制の整備に関する基本方針の制定
法令遵守(コンプライアンス)のための実践計画の策定
個人情報保護管理規程の制定
平成24年4月1日 高額療養費現物給付化(限度額認定証の発行開始(入院・外来))
平成28年1月1日 番号(マイナンバー)制度開始
平成28年8月1日 支部数17支部→16支部へ規程変更
個人情報保護基本方針の制定 情報セキュリティ基本方針の制定
情報システム運用管理規程の制定
平成29年7月18日 番号(マイナンバー)制度情報連携開始

歴代理事長

初代 中保恭一  昭和33年11月27日~昭和50年7月31日

2代 山田昭雄  昭和50年8月1日~昭和59年7月31日

3代 田所一榮  昭和59年8月1日~平成5年4月27日

4代 須那一陽  平成5年8月1日~平成11年7月31日

5代 和田巌夫  平成11年8月1日~平成14年7月31日

6代 高島申治  平成14年8月1日~平成19年12月15日

7代 東洋彰宏  平成20年8月1日~平成28年1月6日

8代 宮井裕之  平成28年2月14日~現在

組織図

組織図
イメージ画像

上にもどる